中古車を購入すると個人事業主にとっての節税対策になるのか

個人事業主として確定申告する以上、いかに節税対策を講じるかが1つのポイントになります。

人から「車を買えば節税できるよ」と聞いたことはあっても、あまり確信を持てていない人もいるはず。

業務上の必要経費であれば、積極的に計上することで節税につながります。しかし、車ともなるとその費用も高額になるので、一般的な経費と同じ扱いをすることはできません。

では、車を買ったときの費用は、果たして経費として計上できるのでしょうか。

今回は、個人事業主が中古車を購入した際の節税対策について紹介したいと思います。

新車を購入した場合は、経費計上するまでに数年かかる

節税効果を期待しつつ車を購入する場合は、「新車で」という選択肢も考えられます。

ただ、新車の場合、その車の価値は1年でゼロになることはありません。ですから、新車の価値がゼロになる数年に分けて購入費用を経費として計上していくことになります。

これを減価償却といいます。そして、経費を分けて計上する年数を耐用年数といいます。新車の場合、耐用年数は6年になります。

したがって、300万円の新車を購入した場合は、その金額を6年間で分けて、そのうえで経費として計上することができます。

一般的な事務用品などとは違い、車は非常に高価なものなので、「資産」として見なされるからです。

ちなみに、軽自動車の場合は、耐用年数は4年になるので、4年間で経費計上することになります。

ただ、よく勘違いしてしまいがちですが、耐用年数4~6年で減価償却、つまり、経費計上するのは、あくまでも会計上の話です。実際は、この年数が経っても車には価値がありますし、その後も乗り続けることができます。

実は中古車であれば耐用年数が短い

前項では、新車購入の場合で説明しました。

簡単にまとめると、車というのは固定資産にあたるため、購入した場合は1年で全額を経費計上することはできません。

新車には耐用年数というのがあり、新車価格を耐用年数で割った金額を、毎年経費計上することができます。

しかし、中古車の場合は、この耐用年数が短くなります。つまり、新車よりも短い年数で経費計上することができるのです。

たとえば、

  • 3年落ちの中古車の場合は、耐用年数が3年になります。
  • 4年落ちの中古車の場合は、耐用年数が2年になります。

具体例をあげると、

4年落ちの中古車を200万円で購入した場合、耐用年数は2年になるので、1年で100万円ずつを経費として計上することができます。

車の購入費用は月割りで経費計上する

ただ、注意しておきたいポイントは、車の購入費用を1年分まとめて経費計上するのではなく、月割りでしか計上できないという点です。

たとえば、1年で100万円の経費計上ができる場合、100万円を12ヶ月で割った金額ずつしか毎月計上できません。

ですから、たとえば4月に車を購入した場合、その年は8ヶ月分の費用しか計上できないのです。

したがって、年末に慌てて節税を講じ、中古車を買ったとしても、1~2ヶ月分しか経費として計上することはできません。

この点については、注意しておきましょう。

新車も中古車も結局経費計上できる年数が違うだけ

ここまで、新車と中古車を買った場合で、それぞれで経費についての考え方を説明しました。

中古車であれば耐用年数が短くなるので、1年間で経費にできる金額は大きくなります。

たとえば、300万円の車を購入した場合、新車であれば6年間で計上することになります。したがって、1年間に経費として計上できるのは50万円ということになります。

一方で、300万円する4年落ちの中古車を買った場合、耐用年数は2年になります。そのため、1年間で150万円を経費として計上できます。

経費として計上できる金額を1年間で見ると、中古車のほうが節税効果が高いように感じます。

  • しかし、この場合、中古車は2年で経費を計上し終わります。
  • 一方、新車の場合は6年間に渡り、経費として計上できます。

つまり、経費として計上できる年数が違うだけで、結局のところ、車の購入費用は経費計上できるのです。

節税を期待して車を購入するときの注意点

事業で使う車であれば、その購入費用を経費として計上できます。そのため、「節税しよう」という考えて、とりあえず車を買ってしまう人がいます。

しかし、車の購入費用は、あくまでも売上から出資することになります。ですから、車を買ったことにより、事業の運転資金が足りなくなったり、普段の生活にも影響が及んだりするようなら、車の購入は慎重に考えるべきです。

事業用の車であれば、それにともなう保険料や税金、ガソリン代も経費として認められます。しかし、出費には変わりありませんから、売上以上に経費を膨張させるのは危ない考え方です。

あくまでも売上から資金ぶりを考え、そのうえで車を買うのは、そのほかの必要な備品を調達するのか、このあたりは経費に対するバランス感覚が必要になると思います。

おわりに

ただ、あくまでも事業用の車という観点で今回は解説しました。

事業用に使う車なので、経費として計上するのは当たり前の考え方です。

しかし、その車をプライベートでも使うようなら、その按分を考慮しつつ、経費に計上する必要があります。

正直、はじめて確定申告する人にとっては、なかなか難しいことばかりかもしれません。しかし、今後も「経費」という考え方は非常に重要になるのは間違いありません。

ですから、少しずつでもいいので、経費への知識を深めていきましょう。そうしていくうちに、普段の出費も上手に経費計上でき、結果的にうまく節税できるようになると思います。