経費の仕分けするために知っておきたい勘定科目一覧

確定申告の際は、どのような種類の経費がいくらあるのかという内容も申告することになります。

日々集めた領収書、それをどの項目(勘定科目)に仕分ければいいのかよく分からない人もいるはずです。

今回は、勘定科目の種類を紹介したいと思います。

勘定科目って何?

個人事業主が確定申告するために最低限やらなければいけないのは、会計を記帳することです。つまり、どれだけ売上があり、何に経費を使ったのか、それを細かく計算しておく必要があります。

その際、使った経費を一つずつ計上することになりますが、その経費をある程度の種類ごとに仕分けする必要もあります。その経費の種類が「勘定科目」を呼ばれるものです。

しかし、「この経費はどの勘定科目に分類されるのか」と仕分けに迷ってしまうことはよくあります。

ですから、まずはどのような勘定科目があるのかを理解しておく必要があります。

勘定科目の種類

経費の勘定科目には、大きく5つに分けることができます。勘定科目5種類は、次のとおりです。

■資産

現金、預金、売掛金など

■負債

借入金、未払金、預かり金など

■資本

元入金(開業時の出資金)など

■費用

必要経費(通信費、消耗品費、雑費、地代家賃など)

■収益

売上、雑収入など

 

会計処理をするときは、その費用がどの勘定科目に該当するのか判断し、そのうえで記帳していくという作業になります。

それでは、一つずつさらに詳しく見てみましょう。

費用

最もわかりにくいのは、費用です。ここでは、費用の勘定科目にどういったものがあるのか見てみましょう。

  • 仕入:材料や商品の仕入れなど
  • 給与手当:従業員への給与など
  • 福利厚生費:従業員の慰安旅行、健康診断費用など
  • 外注費:本業に関して外部に仕事を発注した経費など
  • 旅費交通費:移動や通勤による交通費や出張費、宿泊代、ガソリン代、高速料金など
  • 荷造運賃:宅配便にかかった運賃など
  • 通信費:電話代やインターネット費用、切手代など
  • 水道光熱費:電気、ガス、水道代
  • 消耗品費:1組10万円未満の備品やパソコン、コピー代、オフィス家具、文具など
  • 会議費:取引先との打ち合わせにかかった飲食代など
  • 交際費:接待などによる交際費、取引先への手土産、お中元、お歳暮代、仕事上の冠婚葬祭へ出席したときの参加費用、祝儀、香典代など
  • 広告宣伝費:ホームページなどのサイトを外注した場合にかかる制作費
  • 減価償却費:1組10万円以上の固定資産について計算した今年分の減価償却費
  • 新聞図書費:仕事で使った新聞、書籍、雑誌、DVDなどの資料代、メルマガの購読料など
  • 支払手数料:銀行振込手数料や銀行時間外手数料、両替手数料など
  • 支払報酬:税理士や弁護士への報酬など
  • リース料:OA機器や自動車のリース代
  • 地代家賃:事務所の家賃や駐車場の賃料など
  • 保険料:事務所の火災保険料など
  • 修繕費:車やパソコン、複合機などの修理にかかった費用
  • 諸会費:業界団体などの年会費など
  • 研修費:仕事上必要なセミナーへの参加費用など
  • 租税公課:印紙代、事業税、自動車税など

このように、費用の勘定科目はかなり細かく設定されています。以外と「こんなものも経費になるんだ」と思えるものもあったはずです。

経費にならないものは仕方ありませんが、認められるものは漏れなく申告するようにしましょう。

収益

収益の勘定科目は非常にシンプルです。

  • 売上:本業による収入。
  • 雑収入:本業以外からの収入。たとえば、副業でFXなどで利益が上がった場合は、雑収入として計上する必要があります。

資産

資産という考え方がいまいち腑に落ちない人もいるかと思いますが、次のような勘定科目があります。

  • 現金:レジや金庫などの手許現金のこと。ズレがないよう正確に。
  • 普通預金:事務用として使用している普通預金のこと
  • 売掛金:未回収になっている売上代金のこと
  • 前払費用:期間に応じて支払う経費のうち、次の年以降に支払う費用のこと
  • 前渡金:商品などを引き渡すまえにはらう代金、前金、手付金のようなもの

負債、資本の勘定科目

  • 買掛金:未払いがある仕入れ代金など
  • 未払金:仕入れ以外で生じた代金の未払い分
  • 預かり金:預かっているお金
  • 元入金:事業のはじめに用意した元手と、そのあとに貯蓄された利益など

おわりに

このように、たとえ個人事業主とはいえ、かなりこまかく勘定科目はわかれています。さらに、事業上の入出金が生じた際は、その費用の金額や取引先、勘定科目、日付などを細かく記録しておく必要があるのです。

記録さえ残しておけば、たとえ手書きでも問題はありません。

しかし、計上してまとめる際、どうしても計算ミスなどが生じる可能性が高くなります。ですから、事前に会計ソフトなどを使って帳簿付けしておくことが非常に大切になります。

あるいは、会計士に費用を支払い、確定申告を丸投げすることも可能です。

いずれにしても、個人事業主になった以上、このあたりの知識は自分で身につけることが肝心です。黙っていても誰も教えてくれないので、一冊、それように本を購入し、基礎的な知識を押さえておくことをおすすめします。

また、売上や経費が発生する都度、疑問が生じると思います。そのあたりの細かなことはインターネット上にもたくさん情報が載っています。

疑問をそのままにしておくと自分の知識も身につきませんし、何より会計上問題が生じる可能性もあります。ですから、わからないことはそのまま放置せずに、自分から調べる癖をつけておくと良いです。